home >>> いろいろな「塩」の違いとは? TOP >>> 海水について

海水について

海水、それは妙なるもの

海水の塩分濃度は約3.4%。つまり、96.6%の水に3.4%の「塩」が溶けています。この場合の「塩」は、塩化ナトリウム(NaCl)だけでなく、右の図のように、様々な成分です。それらはすべて無機質で、その内訳は、NaClが全体のおよそ4分の3で、残り4分の1はその他の様々な無機質です。「その他」は0.3%ですが、その0.3%にも数十種類含まれており、海水全体で100種類近くあると言われています。そしてこの割合は地球上の海でほとんど同じです。

『地球上のすべての生物は海から生まれてきた』と言われていますが、それはこれら様々な無機質から有機物が生まれたということ。科学の領域を超えています。海水とはまさに小宇宙。それは無限に複雑で、妙なるものと言えましょう。

海水中の代表的な成分

そして、これらの無機質はすべて味が違うため、海水は単に「塩辛い」だけではなく複雑な味なのです。上図のとおり、代表的なのは5種類ですが、2つのマグネシウムの化合物は味・性質ともに似ているので、これからの説明では、その2つをマグネシウム分とひとくくりにし、他の成分とともに「○○分」と簡素に表記します。

  • ナトリウム分   =塩化ナトリウム(NaCl)
  • マグネシウム分 =塩化マグネシウム(MgCl2)と硫酸マグネシウム(MgSO4)
  • カルシウム分   =硫酸カルシウム(CaSO4)
  • カリウム分    =塩化カリウム(KCl)

これら以外の「その他:0.3%」にも数十種類の無機質が含まれますが、かなり微量になり人為的な調整が難しいので、ここでは上の4つの成分を取り上げて説明します。では海水は「塩辛い」の他にどんな味がするのでしょう。それを次のページで見てみましょう。

各成分の味と性質

「無機質」って何?

例えば、小学校の家庭科の授業で、人間が必要な五大栄養素として、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、無機質と習いました。その「無機質」です。ですから、人間が生きていくには欠かせないもののひとつ。またそれはひとつのものではなく、100種類近くあると言われており、「無機質」とはその総称です。代表的なのは、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛など。栄養学では一般的に英語で“mineral(ミネラル)”と呼ばれますが、食用塩の業界団体(食用塩公正取引協議会)では、「“ミネラル”という言葉を使うと優良誤認の恐れがある」として、使用しない決め事があります。そこでこのサイトでは「無機質」や「(海水の)成分」という言葉を使っています。また、無機質のひとつの特徴として「人間の身体の中では作り出せない」ということがあります。つまり、汗や便などで常に排出されているので、食品などで必要な分を摂らなくてはなりません。しかし、どの食品にも言えることですが、摂り過ぎもよくありません。「バランスのいい食事が大切」と言われるのと同様に、各無機質類もその量とバランスが大切と言えましょう。

wikipedia「無機質(ミネラル)」